×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









130年鑑


やっぱ見ないわ


1980年(0歳) 6月20日  出る。
家族構成:父・母・姉・兄
1984年(4歳) クリスマスプレゼントでサッカーボールをサンタに貰う。
しかし一週間ももたずに失くす。

車に軽くハネられる。
1985年(5歳) 長崎市から佐世保市に移住する。
小さいお店でもらったプラモデルを宝物にする。
いつの間にか失くす。
数字に0をかけると何でも0になると知る。

花高幼稚園に入園。
1986年(6歳) 幼稚園の学芸会で「こぶとりじいさん」の「じいさん」役に抜擢。
兄・姉の目を気にしながら役をこなす

リレーのアンカーをする。見事に一位でゴールイン。
1987年(7歳) 花高小学校に入学。
プール授業の終わりに担任(女)のセミヌードを見て衝撃をおぼえる。
1988年(8歳) 初恋の年。習字を習い始める。
母親に「コンドームて何?」と問う。返答無し。
学校のシューズを誰かに隠される。
1989年(9歳) 担任(女)を「お母さん」と呼び大笑いされる。
1990年(10歳) 担任に恵まれる。最高の先生。
1991年(11歳) ハンドボールを始める。体力がないからキーパーになる。
練習でワザと股間に向かってシュートされ、軽いイジメにあう。

初めてCDを買う。とんねるずの「情けねぇ」
1992年(12歳) ハンドボールで全国大会出場。ベスト16。
姉の影響で「大黒摩季」を聴く。ハマる。

自分が太っていることに気づきはじめる。
1993年(13歳) 早岐中学校に入学。少人数塾に通いだす。
行きつけの床屋に「カリアゲ」にするよう頼んだところ、何故か「ツーブロック」にされる。クラスの笑いものになる。
1994年(14歳) 担任に恵まれず。
1995年(15歳) 大村市へ引っ越す。
転校するが校則で坊主頭にされる。
友達できず。
1996年(16歳) 長崎日本大学高等学校に入学。
勉強しか許されないクラスに入り、後悔する。
以後3年間同じ担任で高校生活を過ごす。
1997年(17歳) ひたすら無理矢理勉強させられ続ける。

sex MACHINEGUNSと出会う。電撃がはしる。以後130自身の音楽の原点となる。

1998年(18歳) 母校が甲子園出場する。勉強一筋の方針の為、応援に参加できず。

浪人決定と同時に原付免許を取得。
1999年(19歳) 浪人形の館「北九州予備校 長崎校」に通わせてもらう。
ひたすら勉強する。

お金を貯めてアコギを買う。お遊び程度に「ゆず」をコピーする。そう長く続かずホコリを被らせる。

予備校に向かう途中、車と衝突。怪我はなかったが、そのとき乗っていた原付は大破。

北九州大学に合格する。
2000年(20歳) 大学生活突入。一人暮らしをさせてもらう。
MACHINEGUNSのドラムに憧れ、軽音サークルに入りドラムを1から始める。師匠は同サークルの「MOCHA」のススムさん。
勉強を忘れ、ドラムとバイトに没頭する。

網江君と出会う。このときからオジサン。
akkkyと出会う。暑苦しくメタルについて語られる。

網江君と一回だけコピーバンドを組む。

初めてMAHINEGUNSのライブを味わう。「これがライブだ!」と感動する。
2001年(21歳) 新入生のKが同サークルにはいる。当時ガリガリで長髪でサングラスな彼を「ヤバイ奴」と感じる。
Kといくつかバンドを組み、楽しむ。
大学祭で念願のsex MACHINEGUNSのコピーをする。

akkkyに「HI PRESSURE」のメンバーにならないかと要請があり「頑張ろう!」と思い一回音合わせするが、それ以降一切の音沙汰無し。後日akkkyに聞いてみると「クビ」になってた。
2002年(22歳) タバコを吸いはじめる。
原付でよそ見運転し、停止中のタクシーに突っ込む。左中、小指を骨折。

「暗所保存」を結成し、活動を始める。
2003年(23歳) 悲願のドラムセット購入。

現在に至る。


メンバー紹介へ