×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








このバンドは

akkky(Vo)

(Gt)

網江君(Ba)

130(Dr)

という4匹の妖精さんで編成されておりますのでご了承下さい。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜暗所保存の生い立ち〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



北九州市立大学の軽音サークルにて、この妖精さん達は出会いました・・・。

2002年のある日、Kと130の二人の妖精さんはサークルでの活動に対する閉塞感と倦怠感でゴブリンになってしまいそうでした。

そこで二人は思いついたのです。

「そうだ!オリジナルをしよう!」

自分たちがやってて楽しい音楽をしよう、という、考えてみればごく自然な動機で暗所保存の前身「鬱ゴロウ王国」が誕生しました。

そして友人のakkkyという妖精さんにボーカルをお願いしたところ、爽やかに「オッケイ!」との返事が返ってきてめでたく加入、「鬱ゴロウ王国」の住人は3匹になりました。

 

 

 

しかしベーシスト探しは難航してしまいました。

何人かにお願いしてみましたがなかなかウマが合わず、やむなくしばらくはベースなしで活動していました。

そこへ網江君という妖精さんがフワフワと通りすがりました。彼は3匹とは仲良しさんのギタリストでした。

3匹は彼にベースをしてもらおうと思いつき、彼を交えた4匹でファミレスに行ったりファミレスに行ったり、ファミレスに行ったり、して、いろいろと話し合いました。

そして網江君もめでたく加入、「鬱ゴロウ王国」の住人は4匹になりました。

 

 

 

しかしある日、「鬱ゴロウ王国」というバンド名に対して疑問が投げ掛けられました。

「鬱病で苦しんでいる人たちに対する侮辱に当たるんじゃないか」と、4匹は考えたのです。

4匹は考えました。根暗な4匹組であること。世間に対して後ろ向きであること。自分達が楽しめりゃいいこと。無駄にカッコつけたり、テクニックをひけらかしたりすることに対するアンチテーゼがバンドの根本理念にあること。

こういったことを体現するような名前を。 そう、それこそが「暗所保存」だったのです。

 

 

妖精達の合言葉は・・・

 

 

音楽は楽しい

いじめかっこ悪い